査定書は購入前に必す書いてもらうこと

査定書は購入前に必す書いてもらうこと

諸費用がいくらかかるかは、プライスボードに、車両価格と一緒に書かれている場合もあります。
けれども、やはり、欲しい中古車が見つかったからといって、いきなり契約書や請求書を書いてもらうのは危険です。「即買p」ほど怖いものはありません。まず「見積もりを出してくださ Lリとお願いしましょう。
本当によい中古車かどうか、その場で判断するのは非常に難しいので、一度持ち帰って検討するのが賢明。できれば2~3社で、よさそうな車を探して、それぞれ見積もりをとり、内容を比較検討したいところです。このとき、新車の場合は相見積もりをとることを相手に伝えたほうが、サービスがよくなる場合が多いようですが、中古車を比べる場合は伝える必要はありません。
ただし、売れてしまう可能性が高い中古車については注意が必要です。店の人は必ずといっていいほど「早い者勝ちですよjと言うでしょうし、催促の電話もかかってきます。ですから、なるべく早く決断、交渉できるよう、見積もりは本当に欲しL叶1古車にしぼってとるようにしましょう。
買取書と金額をチェックして納得いく取引をしましょう。

車を運転する以上、事故を起こしたり、事故に巻き込まれたりする
可能性はつねにあります。自分に必要な保障を、リーズナブルな保
険料で受けられるよう、各種保険の内容を確認しておきましょう。