1. TOP
  2. 【2018年1月最新版】40代アラフォーで結婚した女性たちの4つの共通点

【2018年1月最新版】40代アラフォーで結婚した女性たちの4つの共通点

アラフォーになると結婚相手を”選ぶ側”と”選ばれる側”どちらも必要になる

30代後半になってくると女性、男性ともに人間性を重要視し在り方を問われるようになります。20代の頃は好きな人と一緒にいられればいいと思っていた考え方も様々な経験を積み重ねることでモラルや綺麗であることを重要視していくようになっていき相手の嫌なところが見えてきてなかなか結婚に踏み込めなかったり、そもそも結婚を考えてない相手と付き合っていた…という経験があったりしませんか?大事な時間を結婚する気のない人に使うほど時間の無駄なことはありません。

男性35歳以上の半数以上が、「結婚したい」と思っている

現在はさまざまな婚活サービスや婚活居酒屋、婚活パーティーなど様々な婚活サービスがあり結婚願望を考える人たちが増えてきました。どうしてこのような婚活サービスが増えてきたのかというと、以前に比べ結婚願望が多い人が増えてきました。

少し前の「独身貴族」という言葉が流行っていたものの現在では、やはり結婚してずっと一緒に寄り添える人を求めています。また人口問題研究所の調べでは独身者の半数以上が結婚願望があることがわかりました。

そこで今回は35歳〜45歳で結婚した女性に聞いたアラフォーで結婚する女性の4つの共通点を紹介していきます。

アラフォーで結婚した人たちの共通点その1

自分の価値感だけではなく相手の価値観を尊重してる

30代を過ぎると色んな経験を経て自分なりの考えや価値観ができてきます。相手がいいと思ったことに対して「自分はこう思うんだけどな〜」と感じたり「相手のここが嫌だ」と感じてしまうことが多くなってきます。

でも35歳になっても女性の魅力のある人たちは外見は肝が据わっているように見えるのに話をすると相手の考えに添うように受け入れてくれて、相手の意向を汲み取った会話をしてくれます。

大人としての余裕・包容力

仕事の時は集中して、休憩になると20代にと変わらないフレッシュさを持ちつつ、大人としての余裕を持っています。そんなフレッシュ差と大人としての余裕がある人や相手をの気持ちを汲みつつも言うべきところは言う、そういうことができるのは20代にはないアラフォーの大人としての魅力ではないでしょうか。

アラフォーで結婚した人たちの共通点その2

相手に求めるハードルが低い

相手に求めるハードルが低いとなると語弊になるかもしれません。好みの人や相手に求める年収や色んな条件があるかと思いますが、その中に一つでも当てはまっただけで恋人関係や、結婚相手としての見方を下げるとなかなか出会う機会が少なくなります。

アラフォーになっても恋人を作っていたり結婚をした人に共通して言えることは相手に求める条件が一つ欠けてたとしても自分が補える部分をもちあわせてお互いに補っていけるように考えています。

例えば結婚相手の会社が転勤が多い会社で自分の条件に当てはまらなかったとしてもいろんな地で生活が経験できて楽しそうと思えたら、2~3回の転勤で終わったりしてる人もいます。また相手の年収が自分の希望してる年収より低く結婚相手として見れないと思っていても共働きでも「この人と一緒にいれるなら結婚できる」と思い、すぐに結婚してる人もいます。

相手の欠点を補える程の人に会っていないと思うかもしれませんが、今何人か思い浮かんだ人の中に、少しでも「この人の欠点なら私にも補えるかも」と思えたら今度会うときは相手を違う視点で見れて、「結婚条件に当てはまらない相手」だったのが「結婚相手」として見れるようになるかもしれません。

アラフォーで結婚した人たちの共通点その3

恋人関係になった時点で相手に結婚する気があるのか聞く

アラフォーで結婚してる人の共通点として自分と結婚する気があるのか、いつまでに籍を入れたいかなど自分の意思表示を相手に伝えています。

男性ははじめはあなたの気持ちを汲んで同じ気持ちなことを言うと思います。でもいざ結婚に向けて準備を進めて行くと男性の方が結婚に向けて消極的になってきます。

男性からしてみると現状の仕事であなたを養っていけるか不安になり消極的になりますが、あなたからの一押しも必要です。いざとなったらあなたも仕事ができることを相手に伝えてあげてください。それだけで相手も積極的に結婚に向けて考えてくれます。

男性が結婚に消極的なのは決してあなたとの結婚が嫌だというわけではありません。結婚に伴う責任と自由がなくなってしまうことが男性を消極的にしてしまっているのです。

なので男性にすべて責任を負わせるのではなく、一緒に乗り越えて行く意思表示を見せてあげてください 。

それでも結婚に向けて躊躇するようなら「結婚する気がないなら、別れましょう」ときっぱり相手に告げてください。そうすると相手も真剣に向き合ってくれるか、それでも躊躇するようならあなたとの結婚を考えていない可能性があるので、相手との関係をキッパリ絶つことをおすすめします。

結婚を考えない相手とずるずる付き合っているとお互いによくありません。

アラフォーで結婚した人たちの共通点その4

相手との共通点を共有する。

これはアラフォーで結婚をした人だからというわけではありませんが、これからの長い人生を一緒に寄り添っていくには、共通の価値観や共通点が必要になってきます。これがあるのとないのでは結婚しても長く続く夫婦と離婚してしまう夫婦と別れてしまいます。

食事に対しての価値観

美味しいものはみなさん共通だと思うのですが、例えば食費にかけるウエイトだったり、味の好みをお互いに合わせていかないと、今後の長い夫婦生活で時間がどちらかがストレスを感じてすれ違いが生じてきます。

結婚前は毎日食事をしてなかったから気づかなかった甘いものが苦手だったり、嫌いな食材が入っていて相手は食ベなかったとなるとせっかく料理を作ったあなたもストレスを感じてしまうし、相手もストレスを感じてしまい少しづつ相手との歪みも生じてきてせっかく結婚しても最悪離婚になってしまう可能性があります。

ちいさなことですが、夫婦で毎日行うことはお互いに理解しあいうようにしましょう。

共通の趣味を見つける

毎日顔を合わせるようになると少しづつ会話も少なくなってきます。でもお互いに共通の趣味を持っていると、お互いに楽しい時間を共有できるようになります。

例えばお互い美味しいものが好きなのであれば月に一度場所を変えてグルメ巡りをしたり、映画が共通の趣味出会ったら、外で待ち合わせをして映画を見に行ったり。スキューバーダイビングや、料理を一緒にするなどしていくと、もし夫婦生活がうまくいってなくても、共通の趣味でまたお互いに信頼関係が築けてうまくいくようになります。

\ SNSでシェアしよう! /

けっこんのすすめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

けっこんのすすめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 婚活パーティー口コミ・体験談

  • 婚活で一番効果的な方法とは?

  • 30までに結婚ができる女性とできない女性

  • 恋人を見つける最短の方法

関連記事

  • NO IMAGE

    結婚するためには?

  • NO IMAGE

    恋人から主人に変える魔法の秘密